ログインメンバーの権限

権限の種類について

LINE@の運用は店舗・社内全員が関わりあって取り組むのが理想的です。
LINE@は担当者それぞれに適切な権限を付与して操作・閲覧できる範囲を限定し、複数人で運用することができます。

権限の種類は4種類用意されています。

  1. 運用担当者
  2. 運用担当者(送信権限なし)
  3. 運用担当者(統計閲覧なし)
  4. 管理者
管理画面LINE@MANAGER)のログイン権限。適切な権限でLINE@を運用しましょう。

それぞれの立場や役割に応じて権限を使い分けることで、リスクを減らし効率的な運用につながります。

例えば、運用担当者(送信権限なし)の権限を持つスタッフがメッセージを下書きまで作成し、運用担当者の権限を持つ店長が下書きを確認して送信することで、間違った割引情報のメッセージ配信を防ぐ、といった運用が可能になります。

運用担当者
メンバー管理とプロフィール写真の登録・変更以外の機能を扱うことができます。
弊社のお客様にご利用いただく基本的なログイン権限です。
運用担当者(送信権限なし)
運用担当者と同じ制限と、メッセージの送信以外の機能を扱うことができます。
メッセージを作成したり、ホーム投稿(タイムライン)の記事作成や下書き保存することは可能ですが、実際に送信することはできません。
投稿済みのホーム投稿(タイムライン)の修正などは可能です。 運用担当者(送信権限なし)のメッセージ作成画面例
運用担当者(統計閲覧なし)
運用担当者と同じ制限と、管理画面内の統計情報(友だち数推移など)の閲覧以外の機能を扱うことができます。
メッセージの送信などは可能です。運用担当者(統計閲覧なし)の画面例
管理者
管理画面(LINE@MANAGER)のすべての機能を扱うことができます。弊社はこの権限で皆様をサポートいたします。
ログインメンバーの権限を変更する場合は、一度ログイン権限を削除してから新たな権限で認証URLを発行します。詳しくは弊社のサポート窓口へご連絡ください。

「運用担当者」での運用が安心です

弊社ではLINE社からの推奨アドバイスを元に、「運用担当者」の権限をLINE@ご利用の皆様にお渡しさせていただいております。

これは、LINE認証のお客様だけが管理者権限でLINE@のログインユーザーになっている場合、誤ってLINE@アカウントが消失してしまうリスクを避けるためです。(お店のLINE@アカウントが削除されてしまった場合、復旧することはできません。)