ショップカードについて

LINE上のポイントカードでリピート促進

LINE@のショップカードは、「友だち」にLINE上のポイントカードを発行することができる機能です。

LINE@ ショップカード トーク画面からショップカードへのリッチメニュー
LINE@ ショップカード
LINE@ ショップカード 特典チケット

LINE@のどのプランでも利用でき、設定・公開するだけなので、ポイントカード用アプリなどの開発費・利用料や、紙のポイントカードのように印刷費など、コストがかからない点が魅力的です。

また、財布の中のカードが増えず、家に忘れてしまうこともありません。
ショップカード作成の際に設定しておけば、期限切れになる前に通知が届くのも「友だち」にとってはうれしい機能です。

ショップカードは「友だち」のスマートフォンがiOS(iPhone)かAndroidである必要があります。ガラケー(フィーチャーフォン)やWindows Phoneの方はご利用いただけません。

ポイント付与はQRコードを読み取るだけ

LINE@ ショップカード ポイント付与QRコード

ショップカードは、専用のQRコードを読み取ってもらうことで、ポイント(スタンプ)を「友だち」に付与します。

ショップカードを設定・公開した後、LINE@MANAGER内で画像データをダウンロードできるようになるので、印刷して店頭で掲示したりレジの会計時にスタッフが提示しましょう。

ポイント付与QRコードはLINE@アプリ内でも表示できるので、LINE@アカウントにログインできるスタッフは、その都度LINE@アプリでQRコードを表示することも可能です。
1回の読み取りで複数ポイントを付与するQRコードなど、予め設定して印刷しておくこともできます。

なお、まだ「友だち」になっていない方がポイント付与QRコードを読み取った場合、友だち登録とショップカードの発行・ポイント付与を同時に行います。

不正利用防止の機能

LINE@ ショップカード 不正利用防止(時間)
LINE@ ショップカード 不正利用防止(位置情報)

同じ人が1日に1回だけ、あるいは設定した時間以上あいだを開けないと付与されないように設定したり、設定地点から約300m以内でしか付与しない、QRコードを無効にして新たに作成するといった不正防止設定も、運用に合わせて検討しましょう。

不正防止のための位置情報を設定する場合、お客様のスマートフォンが位置情報(GPS)機能をOFFにしている場合、ポイント付与ができません。
読み取りエラーで店舗オペレーションの負荷にならないよう、位置情報で付与を制限しないQRコードを責任者が管理し、そういった場合だけお客様に提示するのも良いでしょう。

ポイント付与QRコードは、ショップカードを公開した後でしか管理画面からダウンロードできません。(下書き保存ではポイント付与QRコードは生成されません)

「友だち」がリピートしたくなる企画を

ゴールまでのポイント数は、1~50個まで自由に設定でき、ゴールした人には予め設定しておいた特典チケット(クーポン)が届きます。
特典は、一部の人にしか響かないものより、お客様全員が「もらえるとうれしい」と感じてもらえるものが良いでしょう。

また、ゴールまでの途中に追加特典を設定することもできます。
例:2個目で追加特典1、4個目で追加特典2、6個目でゴール特典など

LINE@ ショップカード 追加特典の例

ショップカードの利用状況はLINE@の管理画面で確認ができるため、次の施策の手掛かりにもなります。

例えば、1ポイント目と2ポイント以上の人数に大きな差ががる場合、2~3ポイント目など直近の目標に軽めの特典を設定しておくことで、リピート来店を促すなどが考えられます。

ランクアップカードでヘビーユーザーへ

ゴールした「友だち」には、新たなショップカードが自動的に発行されます。

LINE@ ショップカード ゴールした時のショップカード自動発行(通常)

通常は1枚目と同じショップカードがゴールした「友だち」に発行されますが、ヘビーユーザーの方によりメリットを感じてもらえるよう、ランクアップカードを設定しておくこともできます。

LINE@ ショップカード ゴールした時のショップカード自動発行(ランクアップカード)

例えば、ランクアップカードを2枚作成・設定した場合、1枚目でゴールした人には2枚目のカードを、2枚目でゴールした人には3枚目のカードが発行されます。
3枚目でゴールした人には、3枚目と同じショップカードが発行されます。

より魅力的な特典をランクアップカードに設定することで、リピーター・ファンの醸成が期待できます。

事前の企画と準備を綿密に

ショップカード機能は1アカウントにつき1ショップカードが原則で、2枚以上を同時に併用することはできません。

公開後のショップカード編集について

ショップカードの内容は、有効期限と有効期限前通知の項目以外は公開後に変更することが可能ですが、新たに発行されるショップカードに対して反映されます。

既に「友だち」が取得しているショップカードは、ゴールした後に取得する新たなショップカードから適用されます。

ショップカードを公開すると、[有効期限] [有効期限前通知] の項目は変更することができません。

これらを公開後に変更したい場合は、ショップカードを公開停止して停止日の翌日以降にはじめから作成する必要があります。

ショップカードの公開停止

ショップカードを公開停止する際の注意点は以下の通りです。

  • 一度公開停止にしたショップカードを復元することはできません。
  • 公開停止後は、「友だち」が受け取ったショップカード、特典クーポンは利用できなくなります。
  • 公開停止の設定を取り消すことはできません。
  • 公開停止日の翌日まで、新たなショップカードを作成することはできません。
  • 公開停止日を過ぎると、ショップカードの統計管理ページは表示されなくなります。
    ※ポイント付与停止日よりもサービス公開停止日を後にずらし、その間に統計情報を閲覧・CSVダウンロードすることをお勧めします。
LINE@ ショップカード 公開停止通知01
LINE@ ショップカード 公開停止通知02
LINE@ ショップカード 公開停止通知03

ショップカード内容の変更や公開停止時には、ショップカードを利用している「友だち」に通知が送信されます。

この通知とは別に、メッセージやホーム投稿などでショップカードの内容変更や公開停止の案内を別途送るとより親切です。

このように公開後も編集や停止は可能ですが、初めにショップカードを公開する準備の段階で店舗・企業の実態にあわせた企画を立てることが重要といえます。